2008年12月13日

ゆきでぐち/乙女や雑貨店

あほかと思うほど働いた気がしているの。
果たして、やはりあほだったの。
イシハラです。

とつぜんだが私の母の作る肉じゃがは凶悪な風情がある。

肉や人参や玉ねぎなどのまわりには隙間がない。
ゴツいじゃがいもが、人気のショー会場に詰めかけた巨漢の客のようにひしめいているのだ。
肉じゃがというより、じゃが肉だ。じゃがが主役だ。いや俺にとっては人参が常に主役だ。だからなんだ。

うまい。



出口がみえはじめた。

あほだ。

ばかもいる。

祭だ。


みんなこの出口を祝っているのだ。

どうなんだ。

 

あ、今日は乙女や雑貨店のショーを見に行くのだ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
▲ページトップへ▲ | yhsweb |

 

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。