2006年12月27日

やる前にやられろ

前々から個人的に構想を練っていた劇場カレンダー・・・大規模に便利にサービス開始されちゃった。俺の来年度の中心事業と考えていただけに落胆したけれど、いいものはどんどん使おうよということで早速紹介です。みんな使ってみよう。俺も使っていくよ。

「CoRich舞台芸術!」に公演登録を

現在253作品(巡演も1作品でカウント)が登録されていますので、1日平均9作品が新規登録されていることになります。順調な登録状況で、この更新頻度が保てれば、日本で最も充実した演劇情報ポータルになることでしょう。

CoRichのサービスにはもともとブックマークやニュースや動画があって、それを利用していたユーザーがCoRich舞台芸術!を見に来るということも大きいのだけれど、こういうクチコミポータルのジャンルとして舞台情報が入るということは喜ばしいですね。

さて、このサービスが面白いなと思った点が大きく2つあります。

▼見る側の人・劇団側の人・劇場側の人の誰でも公演情報を登録できる
▼見る側を「観たい」「観てきた」に分類し、期待度と満足度を独立して評価する

俺が考えていた劇場カレンダーというサービスは劇場側の人に公演情報を登録してもらい情報源を絞る事で、公演情報の正確性・信憑性を高めようというコンセプトだったんですが、CoRich舞台芸術!はこのコンセプトに加え、観る側と劇団側からの公演情報登録も可能にしていることでより情報源を増やし、サイトが賑わう可能性を高めています。

今後の展開としては価格.comのWEBサービスAPIのようにCoRich舞台芸術!に集められた公演情報を利用できるwebサービスAPIを提供するようになるとさらにサイト利用度が高まって面白いんじゃないかと思います。(地域や劇場や劇団や時期を指定すれば該当する公演情報や劇場の住所を取得できるというような仕組み)
そうなればGoogleMapsAPIやHotPepperAPIなどと連携して、上演する劇場までの道のりの表示や、上演場所付近の地図+居酒屋の表示などを行うサービスも出てくるんじゃないかしら。

俺がやる前にCoRichにやられた。ちくしょう。ありがとう。
んー。次のシステム企画を考えようっと。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
▲ページトップへ▲ | yhsweb |