2008年01月13日

野村くんのこと。

080112_2042~01.jpg
こんにちわ、ブログを、ブログを初めて書きます。yhsの長岡です。
…メンバーブログなんだからわざわざyhsって入れなくてもよかったのだ。いやいずれにせよ所属を明白にすることは日本のようなかんじの社会では良きこととされているのだからこれで良いのだ。等等のこころの葛藤も交え書いてゆこうと思いますいや誓います。誓ったらまずいな、もし書かないと嘘つきになっちゃうからな、取り消そうかな、あさっそく葛藤しちゃったな、とりあえず今夜の葛藤ノルマクリアー。

さて、写真の、写真のといってもあたしの携帯冗談みたいに画素数が貧弱で、どれくらい貧弱かっていうとDIOさんにうっかり連呼されかねないくらい貧弱なのであんまり参考にならないかもしれないが、とにかくその写真の若者は、のむらたかしくんという若者です。
今度yhsでやるお芝居は、「逃げろ」(南参が書きました)つうのと「にっちもさっちも」(川口さんが今福岡で書いてると思います)つうのが合体して全体で「逃げろ/にっちもさっちも」という、あるディーゼル会社と双子の名前の相関関係と同じくらいのわかりやすさをもちあわせたお芝居なのですが、それに客演してくれる若者です。ええ、まわりくどい文章で悪かったとは思ってます。

この写真の若者が何をしてるかというと、体を鍛えています。今日は、逃げろチームがメインの稽古だったのですが、若者はにっちもチームで多少手持ちぶさた。寸暇を逃さずからだを鍛えるの場面です。
ちなみにあたし(長岡)もにっちもチームで多少手持ちぶさただったので若者を写メって今に至ります。

この若者は、南参が初めて教文フェスでWSをしたときの発表公演(「救急」)に、医者2という役で出演していました。(そのころあたしは客席で笑いすぎてサクラみたいだからやめなさいと仲間にたしなめられていました。)前々回公演「player」で再演した折には、能登英輔がやってたあのお医者さんです。初演時はゆるやかにあわてもののお医者さんだったように記憶しております。
ちなみに医者1だった井上、看護婦2だった水上は、その後ズルズルとyhsに入団させられ、写真の若者も舞監に呼ばれたり客演に呼ばれたり、なんか結果キャッチセールスみたいなWSだったね。って書いたら怒られるね。怒られるのは嫌。

さて写真の若者についてもうひとついらん情報をつけ加えますと、メールをくれる際、かなりの確率で、出だしが「はろはろー」です。最初の内は、いいとしした男の子がはろはろーもないもんだと思っておりましたが、慣れというものは恐ろしいもので、最近ではむしろこれはやや可愛いのではないかと思いはじめています。むしろ流行ればいいのにとすら思いはじめています。流行ればいいな、いや流行んねぇだろうな。
まぁ1度使ってみておこう、yhsホームページをご覧のみなさんはろはろー。とりあえず今夜のはろはろーノルマクリアー。

さてこの若者はたいへんよい若者です。仲良くして面白いおしばいをつくりたいと思っています。社交辞令ではありません。社交辞令ではありませんてば。違いますってば!

みたいな感じの毎日です。できあがったら発表会をしますので見にきてください。2月ころの予定です、はろはろー。


この記事へのコメント
追加情報。
野村くんは、縁結びのかみさまの神社で、『凶』のおみくじを引いたことがあるそうです。

凶って、入ってるんだね。あたし見たことないや。
Posted by 長岡 at 2008年01月19日 00:54
凶はむしろ当たりクジ的な感じ
Posted by イシハラ at 2008年01月19日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
▲ページトップへ▲ | yhsweb |

 

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。